お金がほしい

お金がほしい!と思ったら、借りるのが一番、でも・・・

お金がほしい!と思ったら借りましょう。

 

今すぐお金がほしいっ!って思うときって誰にでもあることですよね。

 

しかし、収入がないのにお金がほしいと思うのは学生のうちなら親のスネをかじることはできても、大人ならどうしようもありません。

 

驚くことに、収入があるのに親からお金を借りる人もいるようですが、大人になって自立できないのは問題ありだと思います。

 

安定した収入があるのなら銀行だって金融会社だって貸してくれますよ。ハイ。

 

どうしてもお金が必要なら、親のスネをかじってないで銀行や消費者金融で借りるべきですよね。

 

カードローンなら、保証人も不要で無担保で、使用目的も問われませんし、限度額の範囲内で何度でも利用可能です。(ただし、事業用の資金は除きます。)

 

しかし、マイカーローンや教育ローン、住宅ローンなどのローンは堂々と借りるのに、借りる相手が同じでもカードローンになると何故か借りたくないと思う人がいます。

 

金利が高めなので不安に感じる人が多いのかも知れません。

 

確かにカードローンなどのフリーローンに比べて目的型ローンは、借りる金額が大きく期間が比較的長いので、金利は低く設定されています。

 

でも急に「今すぐお金ほしい」なんてときは、それほど大きな金額ではないと思うので、少々金利の高いローンを利用しても、そんなに利息が大きくなるわけではないのです。

 

今どき取り立ての心配をする人はいないと思いますが、ヤミ金(これは違法です)などで借りるのと違って銀行や大手消費者金融なら、返済してくれると信用されてるから、決められた利用限度額まで貸してくれるのであって何の心配もありませんよね。

 

信用に応えて、安定した収入の中から計画的に返済していけばいいだけなのです。

 

ページトップへ

 

今すぐお金がほしいときに便利なカード

今すぐお金がほしいとき、どうしますか?

どうしてもお金がほしい時は借ります

お金がほしいとき(その1)

今すぐどうしてもお金がほしい時は誰かに借ります。そうしかできないからです。働いてもすぐにはお金はもらえません。だから誰かに借りるほうが、一番早いと思います。

 

でも誰が貸してくれるでしょう。そう思うと、とても心配になるのです。私にお金を貸してくれる人は、そう多くはありません。

 

両親はきっと貸してくれるでしょう。でも父には言えそうにないので、母に借りると思います。兄弟では姉も兄も結婚しているので、無理な事は言えません。

 

そして友人には絶対に言えないと思います。お金の話をしたくありません。友人にお金の貸し借りをしてしまったら、その後とても気まずくなると思います。そうはなりたくないのです。あくまで友人だからです。

 

誰かに借りるしかなかったら、やはり母にしか借りれないでしょう。どうしてもお金が欲しい時って、どんな時でしょう。そして一体、そのお金を何に使うのでしょう。

 

今の私だったら、大好きなブランドバッグを買いたくなった時です。もちろんそんな大金はないので、誰かに借りるしかないでしょう。自分自身の贅沢のために、お金を借りるなんてしてはいけない事だと思っています。でもそういう時しか、お金の必要はないかもしれません。

 

本当はお金を借りたくはありません。でもキャッシングは怖くてできません。もちろん闇金にだって借りたくはありません。だから第一に思い浮かぶのは、いつも優しい母なのです。母になら、気楽にお金を貸してと言えるでしょう。

 

ページトップへ

 

子供が大学受験の時に想像以上にお金が必要となり困りました

お金がほしいとき(その2)

子供が大学を受験するとき、ある程度どのくらい必要かということを思って、貯金をしてきました。そして子供の希望するところに、できるだけ行かせてあげたいと思っていたのです。

 

しかし、いざ受験となった時、その必要としていたお金について、足りなくなるということが起きてしまったのです。

 

それは親が思っていた以上に受験をしたからでした。親としては、二つぐらいの大学を受験するだろうと思っていたようですが、その考えは甘かったようで、子供としては5つぐらいを受験したいと、以前から思っていたようでした。

 

そのことは、全く話をしていなかったので、そもそもそのことがいけないとわかっていました。

 

しかし、その現実について、どのように回避すればいいのか、本当に困ったのです。具体的には、受験をする移動に関する費用や、ホテルの宿泊代など、大体30万円ぐらい不足することになったのです。

 

数万円ならなんとか出来るのですが、それほど誤算があると、どうしようもなく、どうしたらいいだろうと思っていたのです。

 

しかし、子供に諦めてというのは、とっても辛いことだと思っていたし、一生に一回のことなので、お金がないから受験できないというのは、ありえないと思ったので、キャッシングをすることにしました。

 

その時、キャッシングをすることは、少し抵抗があったのですが、簡単な手続きと、その返済方法を知った時、安全であることが分かり、安心して借りることができました。

 

その後、子供も無事、大学を受験することができたので、本当に良かったと思っています。

 

ページトップへ

 

借りてでもお金がほしいときについて

お金がほしいとき(その3)

借りてでもお金がほしい時についてですが、月末に請求書がたくさんきたのにお金が全くないときです。親から借りることもはばかられるので、家財道具を売り払ったりしていますが根本的な解決にはなりません。また売り払った家財道具を後日購入するため再度出費が発生します。

 

また趣味で楽器を購入しますがクレジットカードで購入し、残高が無い時は借金を考えます。クレジットカードは失うと新しく作ることが難しいので、考えてしまいます。

 

また親族の冠婚葬祭で急な出費が発生するときもあるので本当に困ってしまうときがありお金を借りる誘惑に駆られてしまいます。

 

また最近では無人でお金を借りることのできる契約機もあるので、一層借金への敷居が低くなっていますので本当に便利な世の中になりました。

 

また趣味の楽器でも限定モデルで世界1000本限定などと言われると購入を焦ってしまいますが、そんな時に限って手持ちのお金が足りず借金をしてでもお金がほしくなってしまいます。

 

借金してでも欲しい商品は他にもたくさんあるので本当に困ってしまいますがお金を借りることが容易になっている現在では安易に借りてしまいます。

 

借りてでもお金がほしいときは他にも海外旅行などを友人から誘われたときなどもあります。こういった場合は断ると付き合いが悪いとみなされ以後誘ってもらえなくなる場合が多いので自分自身本当にお金が借りたくなってしまいますので、十分注意しています。

 

ページトップへ